読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人からが一番あぶない

社会に出てからジャニーズに出会った地方DD

燃え尽きるまでぇぇぇぇえええ

くぁぁるてぇぇっと

 

 

ていうか燃え尽きてます。

QUARTETTOの破壊力に既に燃え尽きちゃってます。

 

3/8のこと

6時起床。めざましもZIPもまぁ朝の情報番組はとりあえず全部録画予約してるからリアタイじゃなくてもいいやと思いつついつもよりちょっと早起き。ご飯を食べつつNEWS様を拝み出勤の準備。化粧をしつつふと

「あ~早く買いに行きたいな。これ仕事終わるまで待てるかな」

わたくしこのような考えを始めるともう終わりです。迷ってる考えてるふりをしながらもう答えは決まっているのです。

始業時間は9時。いつもギリギリにならないと事務所に人が来ない私の職場。家を出る時間は8時。TSUTAYAが開くのは9時。今日は渋谷で5時*1

いいや、行こう

8時にいつも通り車に乗り込み向かう先は職場とは反対方向。あとはもう無心でアクセルを踏むだけ。心のアクセルは全開スピードメーターぶっちぎり*2

TSUTAYA到着は8時30分*3スマホゲームで心を落ち着かせつつ時間を潰す。8時55分職場へ電話。

「すいませぇん・・・ちょっと具合が悪いので落ち着いてから出勤しますぅ・・・」

ほんとにゆるい優しい職場でよかった~ちょろいわ~

9時。車から降りTSUTAYA店内へ。

「明日発売のNEWSのアルバムQUARTETTOを予「ありますよ~」

メモ帳想像より長い!と思いつつ神妙にレジ袋を受け取り、入店時よりも気持ち足早に車へ戻る。

いそいそと袋から出し眺め通常盤の封を開ける。「いざ。いざいざ。」 そのままカーステレオへ。

 

ダンッダンッ

 

 

クァァァァルテェェェッェェェェtットオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!!(目頭を押さえ天を仰ぎながら)

 

 

このまま続けていてもただ奇声をあげて「良かった・・よかった・・・」と連呼する妖怪になりそうなので曲目ごとに好きなところ書いていきますね。

あくまで私個人の感想ですし日本語も弱いし抽象的になると思いますのでまだ買ってない人聞いてない人は是非本物を聞いてみてください。

 

1.Theme of "QUARTETTO"

この曲はメディアでもメイキングが流れているけど全貌は明らかになっていなくてまぁもう焦らされた曲ですよね。一音目のインパクトからグッっとこのアルバムに引き込んでいく感じ。そして聞こえてくる今回のアルバム収録曲のメロディーライン。4人で奏でる、4人が奏でている音楽で奏でられる曲。好き。

 

2.QUARTETTO

アルバムタイトルチューン。これはラジオでも流していましたし何回も耳にしているので「あ~~これこれ!」と馴染みました。この曲で好きなところはサビ前のシゲソロ。なんかサビ前にシゲが歌うのって新鮮な気がするんだよね(気がするだから確証はない)。好き。

 

3.ANTHEM

タイアップ曲1曲目がANTHEM!アルバムタイトル的に四銃士じゃないんだ~とか思ってたわたし浅はか。A SA HA KA。前曲で手越さんに「四人の世界へ連れて行こう~*4」と誘われてからの「Wo o o o」ですよ。4人の声!完璧な流れです。ありがとうございます。好き。

 

4.シリウス

お前の事ずっと待ってたよ・・・。手越さん・・・。もうほんとに時止まんじゃねぇかって、いや止まってた。確実に私の時は止まっていた。歌詞にOh Miss SLENDAって入ってるんだね~。そして私NEWSさんの歌う悲恋ソング大好きなんですよ。今までのブラジャー曲*5はTHE ひと夏の一目惚れソング!って感じでもちろん好きなんですけど、ここで冬の失恋ソングかぁ!!クゥ~~~~!弱っている男の人が夜空を見上げながら結ぶ星座のように君をずっと離さないなんて想ってるの、素敵じゃないですか?こういう歌詞の曲小山さんのソロ曲っぽいよね。もうちょっとバラードっぽいと尚。失恋してるんだけどどこか空想交えちゃう感じ。好き。

 

5.Touch

ま~た恋に落ちちゃったのね!もう!← Touchはみなさん聞いたことあると思うので省略。こっちが君に触れTouchなんじゃっていうことで、好き。

 

6.NEWSKOOL

言葉遊び楽しい!!メンバーの名前やキーワードが入ってると見たので「もしかしてメンバー紹介曲ッ」なんて思ってたけど全然違かったーwちょっとね、早口で歌詞見ないとついていけなかった初聞き← でも歌詞見ると面白い! 好き。

 

7.四銃士

アルバムのど真ん中に四銃士。この曲もシングルで出てるので曲については書かないけど、真ん中に持ってくることで念押しのように「4」を強調してきますねぇ。好き。

 

8.Wonder

手越さんが好きって言ってたの分かるかも~w初めは「おっ、ダンスチューンかな?」って思わせておいてのギターギュゥゥゥン。かと思えばまた雰囲気が変わったメロディーが始まって、1曲のなかでいろんな場面が見れる面白い曲。良い意味で一貫性がない。手越しさんハイトーンロングトーンも響き渡ってますねぇ。コンサートで聴かせてくれるでしょう。好き。

 

9.ライフ

今回のアルバムにNEWSっぽいポップな曲が入っていない中で今までのNEWSらしさがあるなぁって感じた曲。増田さんから始まる素敵。歌詞の内容はポジティブになったヒカリノシズクみたいな感じかな。あと思うんだけどTouchもヒカリノシズクもこの曲もサビ1番も2番も歌詞同じなのがすごく気になるんだよねぇ。いい曲なんだけどさ。こういうがむしゃらな前向きな曲NEWSだなぁって思う。ガムシャラチャチャチャッ。好き。

 

10.チュムチュム

エンヤーエンヤーエンヤーアーアーアーーー。もうねTheme of~のメロディーでも一つだけ目立って異彩を放つw この曲アルバムに入れる場所悩んだだろうなぁwwwという想像。好き。

 

11.Departure

 (´・ш・)俺なんかよく海外行くからもうとにかくでぱーちゃーでぱーちゃーよ

この曲もこのアルバムの中ではポップだよね!もっと暗い曲かと思ってた(globeのDEPARTURESのイメージ)。歌詞の内容はライフとそんなに変わらnry。きっとこれ歌ってるNEWSさんかわいいだろうなぁって思う。好き。

 

12.ヒカリノシズク

この曲で締め(ソロ曲はあるけれど)。4人のシゲの夢が叶った曲だもんね。この曲を聴くとなんかフルスイング以上にNEWSについて考えさせられる気がするんだよね。泣いちゃう。好き。

 

総括:今までのNEWSのイメージをガラっと変える内容なんじゃないかなと。NEWSって白地にカラフルな色を乗せていろんな曲調にも合うっていうイメージだったんですけど、今回のアルバムを聴いていると地の色が黒っぽいというかどの色にも黒が少し混ざっているような気がするんです。ダークなイメージという訳ではなく土台がしっかりしているというか・・・うまく言えないけどそう感じました。コンサート構成かなり楽しみになりました。

あとすげぇWowWow言ってるよね。どの曲も。すげーウォーウォー。

 

ソロ曲

増田:LIS'N

1回目聞いたときはマスターヒッツでも始まったのかと思いました← いちいち囁き声がもうほんとっああ!!(自担に甘い) アルバムのテーマが4人だからソロはあえて自分の声にしかできないものをと言っていた増田さん。ほんとにいろんな増田さんの声が行き交っていて落ち着けない。watch me...ってもう見てるから。大丈夫もう見てるから。好き。

 

小山:愛のエレジー

Kラジでだったか「zoppっぽい」って言ってたけど、zoppっぽいわw 台詞フフフってなっちゃったから!!!← 抱いてセニョリータ味あるねぇ。zoppっぽい。慶ちゃんのソロはしっとり失恋のイメージだったからまたLove addiction的な振り付きでお願いしますね。好き。

 

加藤:星の王子さま

The シゲアキワールド。星の王子さま元々好きなんですけどこの本って読み手によって捉え方が変わる本だと思っていて、この曲でシゲが星の王子さまを読んで思ったことを感じれるのはうれしい。きっと原作を読んだことない人もどんなお話か気になるんじゃないかな。そしてシゲと同じように感じれない人も出てくるんじゃないかな。でも星の王子さまっていうのはそれが正しくて、私はこう思ったんだけどなぁっていう違いをシゲと比べられるっていう楽しみ方を私はしました。好き。

 

手越:Encore

ゴシさんハイトーンが響き渡る曲。私今までのソロ曲でも手越さんの曲が大好きなんですよ。失恋悲恋ソングが好きだし、手越さんの芯があるけどどこか脆そうな高音がすごく合う気がするの。小山さんの失恋ソングが悲しみを表に出すタイプなら、手越さんのは表面では強く見せちゃうけど悲しんでいる辛いよって叫んでるっていう感じがして性格出てるな~って。アンコールってコンサートとかでは華やかだし光栄な響きだけど、この曲のアンコールは叶うことがないんでしょうね。好き。

 

ソロ曲総括:手越さん以外めっちゃ喋るやん← 雑って言わないで!!それぞれの曲でちゃんとまとめてる(つもり)だから!!

 

という訳で、あまりの興奮から書き殴ってみました。

 

 

*1:鈴木雅之&菊池桃子 デュエットシングル「渋谷で5時」

*2:ちゃんと予告した通り60km/hで

*3:田舎はCDショップに行くのも時間がかかる

*4:妄想混じり意訳

*5:渚のお姉サマー、NYARO